ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2016-4-11

ねずみからかかる感染症

ねずみ駆除が必要な理由として、ねずみが媒介するウイルスによって感染症にかかる恐れがあるためということがあります。具体的にどういったウイルスを媒介するのかご存知の人はいるでしょうか。ねずみの放置がいかに危険かということを知るためにも、一例をご紹介します。 ねずみは鼠咬症スピリルムやモニリフォルミスと言ったウイルスに感染していることがあります。これらに感染しているねずみに噛まれることで、感染および発症する可能性があるのが鼠咬症です。感染すれば5日から2週間後に発熱や頭痛などの症状が現れ、合併症としては気管支炎になることもあります。次に、ねずみの排せつ物から感染する病気をご紹介しましょう。主なものはレプストスピラ症やサルモネラ症です。レプストスピラ症で発症するものは高熱や黄疸などで、サルモネラ症は嘔吐や下痢、高熱や急性胃腸炎などの症状が現れるようです。治療によって回復しますが、重症になれば死に至ることもあるため油断はできません。これらの他にツツガムシ症や刺咬症なども、ねずみによって多数の病気にかかる恐れがあります。害獣とはいえ駆除するのはかわいそうだと躊躇うかもしれませんが、ねずみの放置は自身の健康が脅かされることになりえます。ねずみを見かけたらすぐにでもねずみ駆除業者へ依頼するようにしましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る