ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2016-4-29

ネズミの生態

窮鼠猫を噛むという言葉があります。意味としては、窮地に追い込まれたものは、思わぬ反撃をするといった内容なのですが、文字通り、ネズミはその特徴的な歯を使って攻撃してきます。齧歯類と呼ばれる動物は、物をかじるのに適した歯やあごを持ち合わせており、その中でネズミは雑食性です。 ネズミは非常に臆病な動物といわれ、嗅覚、触覚、聴覚を用いて、危険があるかを判断し、安全な活動場所や通り道を選んでいます。 嗅覚、聴覚はともに人間よりはるかに優れており、あの可愛らしいヒゲは、体毛が変化したもので、実は触覚の役割を持っているといわれています。 夜行性ではありますが、視覚は悪く、人間のようにはっきり見えているわけではないといいます。漠然と「ここら辺に何かある」程度の陰影にしか見えないそうです。そんなネズミですから、人間が不用意に近づき、触ろうとすれば、様々な器官から危険を察知することはできますが、何が近づいているかわからないため、思わぬ攻撃を受けることがあるそうです。もしネズミに噛まれたら、痛いのはもちろんのこと、鼠咬症や感染症になる恐れがあり、大変危険です。この病気だけで直接死に至る可能性は低いそうですが、合併症を引き起こすことがあり、それが原因となって死に至ることがあります。また、噛まれてすぐに発症しない場合もありますので、噛まれたらまず病院へ行くことをお勧めします。その時ネズミの種類がわかるとスムーズに話しが進むことがありますので、大体の特徴でもいいので覚えておくといいでしょう。また、ネズミの被害に困っていてネズミ駆除を検討中の方は、十分に注意を払い、もしも不安であれば、ネズミ駆除を行っている業者に相談してみたほうが良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る