ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2016-8-10

ラットサインがあったら注意です

ともすると、地球上では人間が一番上位に君臨する生き物かのように錯覚しがちですが、現在知られている生物の総種数はおよそ175万種もあり、これはまだ未知なる生物も含めるとほんの1割に過ぎないという説もあるようですので、私たちは多くの生物と「共存」しているんだということをもっと認識する必要があるのかもしれません。住宅一つとってもそうです。家屋には人間しか住んでいないように思いますが、良く調べれば害虫や害獣が住み着いているということも往々にしてあるのです。
さて、家屋との関わりが深い害獣の一つと言えば「ねずみ」。弥生時代、高床式倉庫に「ねずみ返し」と呼ばれるねずみ対策があったことを考えると、人間とねずみとの攻防の歴史は相当に古いと言えます。では現代では?技術の発達で昔のような隙間のある住宅はなくなってきましたが、雨どい、エアコンの穴、通気口、換気扇など、ねずみが侵入する余地がゼロかと言えばそうではありません。ほんのわずかな隙間を潜ってねずみは侵入してくるのです。自分の家にはねずみがいるのか、それを知るのに「ラットサイン」というものがあるかどうかが重要になります。ラットサインとはねずみの痕跡のことで、例えば米粒大のフン、食べ物や柱・家具に見られるかじり跡、小さな足跡などがあれば、ねずみの存在を疑うには十分なサインと言えるでしょう。ねずみは放っておけば直接的な被害ばかりでなく、病原菌や寄生害虫をばらまくなど健康被害も起こりかねません。ラットサインらしきものを見かけたり、少しでも不安を感じたら、ねずみ駆除なびで調査・駆除を行うことをお勧めします。

バックナンバー

このページのトップに戻る