ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2016-9-19

ねずみの死骸を処理する方法

ねずみ用の毒餌に、捕獲用の粘着シート。ねずみ駆除のための道具は市販されているものだけでも非常に豊富です。そのため、中にはご自身でねずみ駆除を行っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、対策の甲斐あってねずみを駆除できたとしても、その後はどうすればいいのでしょうか。ねずみが屋外で死んでしまった場合はまだしも、屋内で死んでしまった場合はその後の処理も必要になります。実は、ねずみの死骸の処理は危険な行為でもあります。処理する際は充分にご注意ください。
まずは準備です。ねずみの体には大量の病原菌やダニ・ノミが住み着いていますので、必ずマスクと手袋を着用し、肌の露出を防ぎましょう。そうしましたら、まずは殺虫剤を撒きます。前述のようにねずみにはダニ・ノミが寄生していますので、それらを駆除します。それが終わりましたら、新聞紙などに包んで、燃えるゴミとしてゴミ出ししましょう。作業に使用したマスクや手袋も、極力使い捨てのものにしたほうが安全です。
基本的には、このような方法で問題ありません。しかし、気づかないうちにダニやノミが周囲に散らばっている事もあります。また、死の間際に苦しんだねずみが病原菌の含まれた糞尿を撒き散らしている事もあります。そもそも、ねずみの死骸を見たり触ったりしたくないという方も多いでしょう。そのような事も含めて、ねずみ駆除業者に相談してみてはいかがでしょうか。むしろ、駆除の時点からお任せする事をお勧めいたします。

バックナンバー

このページのトップに戻る