ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

コラム

ねずみ駆除なび|ネズミ駆除業者最大3社へ一括お見積りのコラム記事ページです

家に出たねずみを簡単に見分ける方法

家の中にねずみが出現し、何か被害に遭ったということはないでしょうか?ねずみは放置しておくと建材や家具、電気配線などを齧られる恐れがあります。早急に対策をしなければ被害は増える一方です。自宅に出るねずみは主に3種類に分けられます。それぞれ違った特徴があり、習性や生息場所なども異なっています。それらを把握しておくことで、自宅内にいるねずみの種類を見分けることが可能です。今回は家の中に出現するねずみの種類や見分け方、被害が広がる前に行うべき対策をご紹介いたします。

 

 

家の中に出てくるねずみの種類

家の中に出てくる主なねずみは、「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」の3種類です。都会や建物の中で生活するため家ねずみと呼ばれています。近年では、クマネズミによる被害が最も多く報告されています。

 

ねずみは激しい動きするため、消費するエネルギー多く体力をすぐ使い果たしてしまいます。体が小さいため、貯め込むことのできるエネルギー量も少ないです。エサを食べ続けなければ3、4日程度で餓死してしまうのがねずみの特徴です。家ねずみは、生ゴミや食べ残しなどを発達した嗅覚で探し出し、それをエサにして生活しています。

 

種類によって違うねずみの特徴

・ドブネズミ

体長約18~28cmの大型ねずみで、耳が小さく体よりも尻尾が短いのが特徴です。泳ぎを得意としており、地面に穴を掘る習性があります。主な生息場所は、床下・下水・台所・ゴミ捨て場など、湿った場所を好みます。食事は雑食なため魚介類や動物質の肉など、なんでも食べてしまいます。性格は獰猛なため気性が荒いです。

 

・クマネズミ

体長約14~26cmの中型ねずみです。耳が大きく、尻尾が体よりも長いのが特徴です。運動能力が高く身軽なため、電線を伝うことや配水パイプを登ることがあります。主な生息場所はビル内部の高所・天井裏・壁の中・台所など乾燥した場所を好む傾向にあります。食事は雑食ですが、特に穀物や種実などの植物質のものを食べます。性格は臆病で警戒心が強いです。

 

・ハツカネズミ

体長約6~9cmの小型ねずみです。体は小さいですが耳が大きく、個体により腹部が白いのが特徴です。身体の能力はクマネズミほど高くありません。畑・物置・納屋・天井裏・台所など、狭い場所を好みます。穀物や種子、野菜などを好みますが雑食です。性格は好奇心が旺盛で、警戒心はあまり強くありません。

 

ねずみの見分け方

ねずみの種類を見分ける方法はいくつかあります。

 

・体型

体型の違いから判断することが可能です。ドブネズミが最も大きく、クマネズミ、ハツカネズミと小さくなります。尻尾の長さや耳の大きさにもそれぞれ特徴があるため、見分ける際には注意してみましょう。

 

・フン

それぞれのねずみはフンの大きさや形にも違いがあるため見分けることが可能です。自宅内にねずみのフンらしきものがある場合は確認しておくことで種類を把握することができます。

 

ドブネズミのフンは10~20mm程の大きさをしています。先が尖っており、太くまとまっているのが特徴です。クマネズミの場合は、6~10mm程と少し小さく細長い形をしています。クマネズミは動きながら排泄するため、バラバラに落ちていることが多いです。ハツカネズミのフンは、4~7mm程と米粒ぐらいの大きさです。形は両端が尖っています。

 

・ラットサイン

ラットサインとは、家ネズミの侵入口やよく通る道が汚れで黒くなるといった、ねずみの残す目印のようなものです。足跡の場所・かじっている場所・糞尿の場所などからねずみの特徴を知ることができます。それぞれ種類によって異なるため見分ける際には有効です。

 

ドブネズミのラットサインは、家の基礎の隙間・低階層の壁の割れ目・床下の通風口・トイレや台所などの水回りの配管によく見られます。クマネズミの場合は、壁の割れ目・排水パイプ・室外機・2階以上の窓・屋根の隙間などです。ハツカネズミですと、壁の割れ目・室外機・エアコンホースの根元と導入部・換気扇などになります。

 

被害が広がる前に対策を

ねずみの被害がある場合は退治して駆除しなければいけません。ねずみの嫌うニオイや成分を含む忌避剤を使用することで駆除することができます。スプレータイプや設置タイプ、燻煙タイプのものがあるので目的に合って使い分けをすることが可能です。

 

ねずみを退治する方法には、ねずみ捕りを使い直接捕獲することもできます。ねずみ捕りには「バネ式」と「カゴ式」があります。ねずみの好むエサを仕掛けておくことで、食べに来たところを捕獲し、退治することが可能です。

 

ねずみの被害を減らすためには、ねずみの住みにくい環境を作ることが重要になります。退治するだけでなく、被害が出ないように未然に対策を施すことも可能です。ねずみが住宅に侵入してくる主な理由はエサを求めてです。ねずみのエサになるようなものを無くすことでねずみは自ら出ていきます。食べ残しや食べかす掃除、ゴミ箱を蓋の付いた容器に入れることも対策になります。

 

ねずみの巣材となるものを減らすことも重要です。ティッシュペーパーや衣類、雑巾、ビニール袋などの運ばれないように注意しましょう。ねずみの侵入してくる通路を塞ぐことも効果的です。通気口や排水溝に金網などを付けることでねずみの侵入を防ぐことが可能になります。壁に隙間や穴がある場合には、防鼠パテを使用するのがおすすめです。

 

まとめ

家の中に出るねずみにはそれぞれ異なった特徴があります。それらを把握しておくことで種類を見分けることも可能です。体型やフンの形だけでなく、ラットサインについても注意し観察してみてください。ねずみが居ることが分かれば早急に対策を施さなければいけません。正しい対処法を把握しておくことで被害が拡大するのを防ぐことが可能になるでしょう。

このページのトップに戻る