ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2016-6-2

天井裏のネズミ駆除は徹底的に!快適で静かな生活を取り戻す方法

被害が広がる前に対策を

 

天井裏から聞こえてくる足音…。もしかしたらネズミかもしれません。生活に多くの被害をもたらすネズミですが、屋根裏に住み着かれると、想像よりももっと厄介なことになりかねません。

 

天井裏のネズミ駆除は、早めにしてしまうのが一番です。今回は、天井裏のネズミたちを駆除するにはどうすればよいかについてご紹介します。

 

 

▼天井裏のネズミたち、そこで一体なにをしているの?

天井裏に住み着いたネズミたちの生活は、私たちの生活にも影響を及ぼします。天井裏のネズミ駆除をせずにそのままにしていたら、よりひどい被害を受けてしまうことも。ネズミたちの生活を知り、どんな被害があるのかについて確認しておきましょう。

 

・柱や配線をかじって歯のお手入れをしています

ネズミといえば、前歯が特徴的です。伸びている前歯は、ネズミが生きる上でとても重要なものになっています。ネズミの前歯は上下一対で生えており、その外側はエナメル質で覆われているため、とても頑丈です。

 

しかも、ネズミの前歯は一生成長し続けるといわれています。この前歯が伸びすぎてしまうと、食事の邪魔になってしまうため何も食べられなくなってしまい、いずれは死んでしまいます。そうならないために、ネズミたちは日常的に硬いものをかじり、歯を削っています。

 

天井裏で生活しているネズミも歯の手入れのために、天井の柱や配線コードをかじっています。このままにしておけば、建物の劣化被害や配線コードの漏電などのおそれがあります。漏電は火災にも繋がりかねませんので、早めの対処が求められます。

 

・くつろぎながら食事や排せつをしています 

もし天井裏で足音が頻繁に聞こえるようであれば、そこはもうネズミに占拠されているといえます。

 

天井裏をすみかとしたネズミたちは、そこで食事や排せつなどもおこないます。そのため天井裏は、食べかすや排せつ物だらけ。そのまま放置しておけば、食べかすにゴキブリやムカデが集まってしまいます。こうなると害虫被害もでてきてしまいます。

 

ネズミの排せつ物には、沢山の雑菌が含まれているとされています。排せつ物だらけになった天井裏はまさに菌の温床になってしまっているのです。

 

フンに含まれるサルモネラ菌は特に注意が必要です。サルモネラ菌を体に取り込むと、下痢や嘔吐、腹痛の症状を引きおこします。致死率の低い病原菌ではありますが、子どもやお年寄りなど免疫力の低い人が感染した場合、重症化してしまうおそれがあります。

 

幼いお子様がいるご家庭は、とくに早めのネズミ対策が求められます。

 

・種の繁栄のため子育てに励んでいます 

ネズミは天井裏を巣として、繁殖をおこなっています。ネズミの繁殖力は強く、一生のほとんどが繁殖期間となっています。妊娠期間も短く、一度に多くの子どもを出産するため、異常なスピードで増殖していくのです。

 

天井裏で出産が繰り返された場合、家には尋常ではない数のネズミが住み着いてしまうことになります。こうなるとネズミ被害も甚大になってしまうため、早めに駆除する必要があるのです。

 

▼天井裏のネズミ駆除で知っておきたい対策方法

天井裏のネズミの脅威について、知って頂けたのではないでしょうか。それでは、これ以上被害を増やさないためにも、天井裏のネズミ駆除を始めましょう。ネズミ駆除のポイントをおさえておけば、ネズミ退治がより効果的になります。

 

・ネズミのエサは「罠のある場所」にしか置かないように!

ネズミを退治するためには、罠のある場所にねずみを近づけさせる必要があります。そのための一番よい方法が、餌でおびき寄せることでしょう。

 

しかし、家のそこら中に食べ物が溢れてしまっていると、ネズミの興味もそちらに流れてしまいます。またネズミは警戒心の強い動物であるため、餌があったとしてもなかなか罠の近くにはよってくれません。

 

家のお菓子や食べ物は、容器や戸棚にしまうようにしてねずみが食べられないようにしましょう。罠のそばにしか餌がない状況であれば、ネズミもそちらに集まっていきます。

 

・ネズミの侵入口をひとつ残らずふさぐ!

ネズミはもとから家に住み着いていたわけではありません。食べ物を求めて、外から家の中へと侵入して来たのです。もうこれ以上ネズミを増やさないためにも、ネズミの侵入口となる場所は塞いでしまいましょう。

 

ネズミの侵入口は

 

  • ・床や屋根、壁の隙間
  • ・換気扇やエアコンの室外機
  • ・排水管や水道管、ガス管の隙間
  • ・壁の割れ目
  • ・床下、瓦の隙間

 

などがあげられます。ネズミの侵入口をすべて防ぐには専門的な知識が必要となるため、自力では難しいと感じた場合は業者に依頼しましょう。

 

・準備が整ってから天井裏に罠を設置する!

天井裏に罠を仕掛けるためには、しっかりと準備をしておく必要があります。ネズミが天井裏のどこで生活しているのか、どんな罠が効果的なのかなどを確認して、罠を仕掛けましょう。

 

▼天井裏のネズミ駆除に使える撃退グッズは?

 

天井裏のネズミ駆除のためには、どんな罠を使うと効果的なのでしょうか。この項ではおすすめのネズミ駆除グッズをご紹介します。

 

・毒餌には「死骸の腐敗」というリスクがある

 

ネズミ駆除グッズとして一般的なものが毒餌です。ネズミに毒入りの餌を食べさせることで死に至らせるものですが、天井裏で使用するのにはリスクがあります。

 

毒餌には即効性のものと遅効性のものがあり、一般的に市販されている毒餌は遅効性です。なぜならば、即効性は毒性がつよいためネズミが警戒してしまい、食べてくれないことが多いからです。

 

遅効性の毒餌は、ネズミに何度も食べさせることで体に毒を蓄積させます。そうして食べ始めて何日か後に命が絶えてしまうという方法で、ねずみを撃退します。

 

しかし、ネズミがどこで息絶えるのかがわからないため、ネズミの死骸を見つけることが困難であるというデメリットがあります。死骸が見つかることなく腐敗してしまうと、家の衛生面は最悪になってしまいます。

 

もし狭くて暗い天井裏で毒餌を使用した場合、この亡骸の腐敗のリスクが高いため、毒餌を使用することはおすすめできません。

 

・おすすめ【その1】粘着シート 

天井裏にしかける罠としておすすめなのが、粘着シートです。ネズミ捕り器として市販されていることが多く、強力な粘着でねずみを捕まえてしまいます。

 

粘着シートは一枚だけだとネズミに避けられてしまうおそれがあります。何枚かを隙間なく敷き詰めておくことで、ネズミを仕留めることができるでしょう。

 

・おすすめ【その2】箱罠 

箱罠はなかに餌を吊るし、おびき寄せられたネズミが餌を捕ろうとすると、罠が作動して扉が閉まるという仕組みになっています。何回も使用できるため、経済的であるといえます。

 

仕込む餌はよく食害にあっているものにしましょう。好物を用意しておくことで、ネズミが食いつきやすくなります。

 

また、ネズミの警戒心をなくすために、何度かは罠を作動させずにしておきましょう。餌が取られていることを確認したら、罠を作動させるとより確実に捕獲することができます。

 

・おすすめ【その3】バネ式罠 

古典的なネズミ捕り器です。つけた餌を捕ろうとすると罠が作動し、ネズミを挟んで捕まえるものです。

 

まずは箱式と同じ様に、好物の餌をつけて何日かは罠が作動しない状態にしておきましょう。バネ式はネズミの体液が飛び散るおそれがあるため、新聞紙などを敷いておくとよいです。

 

▼ネズミ駆除後、再発を防ぐためにできること

 

天井裏のネズミを駆除した後、もう同じ被害は受けないようにしっかり対策をおこないましょう。

 

・ネズミを避ける環境作りで予防対策!

ネズミを引き寄せないためにはまず、清潔な環境を作りましょう。

 

食べ物やお菓子がそこら中にあるようでは、ネズミの住みやすい環境のままといえます。ダンボールや袋にしまっても、かじられて中身をとられてしまう可能性があるため、プラスチック容器やガラスなど頑丈なものにしまいましょう。

 

生ゴミもネズミの餌になってしまいます。とられないように、ゴミ箱は蓋をしっかりしましょう。また、床に新聞や雑誌、ティッシュなどが散乱していると、ネズミの巣作りの材料になってしまいます。床にものは置かないようにして、整理整頓を心がけましょう。

 

・どうしても駆除しきれない、再発が防げないときは

天井裏などの高くて狭い場所でのねずみ駆除は、作業が大変で適切にねずみ駆除をすることが難しいです。自力での限界を感じたら、早めにネズミ駆除業者に依頼するとよいでしょう。

 

駆除グッズなどで手を尽くしても、お金と時間がかかるだけで効果が得られないおそれがあります。業者に頼むことでより確実に、すばやくネズミ駆除をしてもらえます。また、今後のネズミ被害をなくすために、依頼すればネズミの侵入口を防いでくれます。

 

駆除費用が心配であれば、見積りを依頼してみましょう。何社かに相見積りを依頼すれば、値段と駆除内容を比較することができます。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

▼まとめ

天井裏にすみついたネズミは、多くの被害をもたらします。早めの駆除が大切です。

 

天井裏のねずみ駆除には、箱罠やバネ式罠、粘着シートを利用することをおすすめします。毒餌は衛生面で不安があるため決して使わないようにしましょう。

 

天井裏は狭くて高い場所であるため、自力では限界があります。難しいようであれば業者に依頼しましょう。すばやく確実に駆除してくれます。あなたの生活を安全にするためにも、早めの対処を心がけましょう!

 

バックナンバー

このページのトップに戻る