ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2016-10-7

ネズミ駆除の薬はどんなものがある?効果的な使い方と注意点を伝授!

ネズミ駆除の薬はどんなものがある?効果的な使い方と注意点を伝授!

 

「ねずみ」にどのようなイメージを抱いているでしょうか?アニメの世界で見るねずみや、ハムスターのような小さくてかわいい動物をイメージする人も多いかもしれません。しかし、現実の家やお店で見る野生のねずみは汚く、不衛生な生き物です。ねずみを放置しておくことは、健康を損ねることにつながるおそれがありますので、早めに駆除をしましょう。

 

今回は、自分でできるねずみの駆除についてお伝えしていきます。今ねずみの駆除にお悩みの方も、今後の参考にしたい方も、最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

 

▼ネズミ駆除の薬にはどんなものがある?

ネズミを駆除するには、まずは薬や道具が必要です。ここでは、ネズミ駆除に役立つアイテムを紹介していきます。

 

【殺鼠剤】

殺鼠剤とは、毒餌のことです。ねずみが食べるものに毒を混ぜて、ねずみを死に至らしめます。ねずみが好みそうなチーズに毒を混ぜて、ねずみが好きなごま油をかけると効果的です。また、今は毒入りの餌が市販で売られています。軽度の毒から猛毒まで選ぶことができ、それによって値段も変わってきます。予算は、数千円ほどかかります。

 

しかし、毒入りの餌を放置しておくので、赤ちゃんやペットがいる家庭は向きません。間違えて食べてしまうかもしれません。また、毒を食べたねずみがどこで死ぬかわからないので、ねずみの死骸の対処が難しい、ねずみの死骸からダニやウジ虫が発生するおそれがあるというデメリットがあります。

 

【忌避剤】

ネズミが嫌うにおいを出すことで、ネズミを追い出す忌避剤。忌避剤のタイプには、スプレータイプ、くん煙タイプがあります。

 

・スプレータイプ

ネズミに直接スプレーをしたり、ネズミが通りそうな場所にスプレーをしたりすることで駆除します。効き目は数週間と持続性がないので、定期的にスプレーをする必要があります。

 

・くん煙タイプ

忌避剤を煙や霧として発生させ、広範囲から隙間まで拡散させることができます。即効性があり、数日間持続します。しかし、人が生活している場所で使用するときは、数十分から数時間の間、ペットも人も忌避剤をまいてある部屋にはいることはできませんので注意が必要です。

 

 

▼やっかいな家ネズミ……いったいどこからやってくる?

やっかいな家ネズミ……いったいどこからやってくる?

 

「不衛生で、自分でネズミの駆除すること自体面倒くさい……。」できることなら、ねずみの駆除なんてしたくないですよね。そもそも、どこからネズミはやってくるのでしょうか?ここでは、ねずみが好む場所とその理由をご紹介していきます。

 

【ネズミが好む場所・理由】

  • ・ねずみの餌があるところ
  • ・ねずみが巣を作ることができるところ
  • ・外敵が少ないところ

 

ねずみは縄張り意識が高く、一度住み着いたらなかなか新しい場所に移動することはありません。そのため、食料があり、安心して子供を産むことができる場所を探します。

 

【ネズミが好む具体的な環境】

  • ・人間の食べ物やペットの食べ物がそのままにしてある
  • ・生ごみの容器にふたがされていない
  • ・三角コーナーの生ごみを翌朝まで出さない
  • ・押入れの整理整頓がされておらず、汚い
  • ・換気扇のシャッターが完全にしまっていない
  • ・軒下に隙間がある

 

環境に関しては、このような特徴が挙げられます。もし、ご自宅に当てはまっている点があれば、一度環境をかえてみましょう。

 

 

▼効果的な駆除をするには、どこに薬を仕掛ければいい?

ねずみを駆除するときに大切なのは、仕掛ける場所です。たとえ家の中でも、ねずみがいつもいる場所から遠いところで対策をしても効果がありません。ここでは、薬や道具を仕掛けるとよい場所をご紹介します。

 

【ネズミの餌場所に仕掛けましょう】

ネズミの餌場所には、天井裏、食器棚の隅、流し台の隅、ガスレンジの下、冷蔵庫の隅、床下収納庫の下などがあげられます。主に台所に集中しており、ねずみは餌がある場所を好むことがわかります。そのため、そのような場所に仕掛けておくことで、ネズミを駆除できる効果が高まります。

 

 

▼ネズミ駆除に薬を使う上での注意点とは……。

ネズミ駆除に薬を使う上での注意点とは……。

 

ここまで、ネズミ駆除に効果的な薬や道具をご紹介してきました。しかし、注意しなければいけないことがあります。

 

【注意しなければいけない点】

毒餌は、先述したとおり、ねずみが食べる食べ物に毒を入れて駆除する方法です。しかし、最近は毒が効かないスーパーラットと呼ばれるネズミが稀にいます。そのため、毒餌だけでは死滅しない恐れがあります。また、お子様やペットと一緒に住まれている方は、小さいお子様やペットが誤飲してしまう恐れがあります。自分で毒餌を混入させるときも目や手につかないように、メガネや手袋をしましょう。

 

毒餌によって死んだネズミの死骸を放置しておくわけにはいけません。ねずみの死骸からダニやウジ虫が発生して、私たちの健康に影響を及ぼすことがあるためです。 餌毒を食べたネズミが家の中で死んでいるのを発見したら、自分たちでネズミの死骸を対処する必要があります。

 

【自分では困難なときは……】

「自分で駆除をやってみたけれど、効果が出ない」、「全部のねずみを駆除できたかわからない」、「ネズミの死骸を対処するのは気持ち悪い」と悩むこともあるでしょう。自分で困難だと思ったときは、無理をせず、業者に依頼してみましょう。的確にネズミを駆除してくれます。

 

【業者選びのポイント】

業者の方に依頼をするとき、少しでも安く済ませてくれるよい業者の方にお願いしたいですよね。ここでは、業者を選ぶポイントをご紹介しますので、参考にして業者を選びにぜひ役立ててください。

 

  • ・他社と比較をして相見積もりをする
  • ・口コミや評判を確認
  • ・ネズミ駆除にかかるおよその相場を確認
  • ・ネズミの駆除後のフォローはあるか

 

 

▼まとめ

今回は自分でできるねずみの駆除方法についてお伝えしました。ねずみは不衛生な生き物であるため、被害が大きくなる前に対策が必要です。今回ご紹介したように、市販のネズミ駆除の薬や道具を買って、適切な場所に置くことで、自分でも簡単に駆除することができます。

 

しかし、思っているような効果がでないことがあります。また、ねずみが住処とするところは人間の手が届きにくいところがほとんどです。そのため、作業は困難を極めます。自分でねずみの駆除が困難なときは、プロにお任せすることをおすすめします。

 

業者は一匹も残すことなくネズミを駆除してくれます。業者に依頼をするときは、今回ご紹介した、よい業者の選び方を参考にしてみてください。

 

バックナンバー

このページのトップに戻る