ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2017-2-9

ネズミ駆除に粘着シートって効果ある?駆除を成功に導くコツをご紹介

ネズミ退治は自分でもできます!正しい方法を知れば自力で攻略可能!

 

夜中になると天井裏からガサガサ、ゴソゴソ…。暗闇の中から不審な音が聞こえたら、ついあの動物のことを想像してしまいますよね。そう、「ねずみ」です。

 

「駆除したい!でも怖い……」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。市販の忌避剤や殺鼠剤などで駆除することもできますが、小さな虫の駆除とは違い、哺乳類を駆除するとなると見た目のグロテスクさにも抵抗があるものです。

 

そこで今回は、簡単にねずみを駆除できる粘着シートについてご紹介します。ねずみ駆除用の粘着シートを使いこなせれば、今までよりもずっと簡単にねずみの駆除をおこなえるようになるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

▼ネズミ駆除に粘着シートって効果ある?

「ゴキブリ用の粘着シートなら聞いたことがあるけれど、ねずみ駆除用の粘着シートってどんなものなの?」「殺鼠剤や忌避剤のほうが便利なのでは?」という方もいるかと思います。まずはねずみ駆除用の粘着シートがどのようなものであるのかをご説明していきたいと思います。

 

・粘着シートとはどんなものか

ねずみ駆除用の粘着シートは、粘着力のある素材でできたシート状のものです。この粘着シートをねずみが通りそうな道に敷いておき、その上をねずみが自ら歩くと粘着力によって捕獲することができる、というものです。

 

ゴキブリ用の粘着シートなどと同様に、おびきよせるために粘着シートの上に餌を設置することもあります。

 

ねずみが粘着シートによって捕獲できたら、あとはそのままねずみを包み込むように粘着シートを内側にたたんで、燃えるゴミとして処分するだけです。

 

攻撃力の強い罠とは違って捕獲するだけなので、余計な血などは見ることなく、簡単にねずみを駆除することができます。使用方法が簡単なのも嬉しいですよね。メーカーによって大きさが違ったりと、いろいろなタイプのものがあります。

 

・粘着シートにかかる費用は?

粘着シートの価格はメーカーや大きさなどのタイプなどによっても異なりますが、だいたい1枚あたり数百円程度の商品が多いようです。

 

いずれにせよそんなに高い商品ではありませんので、ねずみの被害に悩まされる日々を送っている方は、思い切って何枚か購入し、いろんな場所に設置してみるのもよいかもしれません。

 

▼粘着シートを使うメリット・デメリットとは……

 

粘着シート以外にもねずみ駆除の道具や罠はたくさんありますが、粘着シートはどのような点にメリットがあるのでしょうか?ここでは、粘着シートのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

〇粘着シートのメリットって?

ねずみ駆除に粘着シートを使用するメリットには、以下のようなものがあげられます。

 

・誰でも簡単に設置できる

大がかりな作業が必要なく、ねずみの通り道に敷いておくだけでよいため、非常に簡単に設置することができます。

 

・簡単に処分できる

捕獲後、粘着シートからねずみをはがす必要はなく、そのまま粘着シートごと丸めてゴミに出すことができます。ねずみが苦手な人にとっては、ねずみに直接触る必要がないのはとても大きなメリットといえるでしょう。

 

・手軽に購入できる

ねずみ駆除用の粘着シートは、いろいろな場所で販売されており、入手が容易という点もメリットのひとつです。

 

価格帯も低いので、一度捕獲に失敗してもまた買い直すことができますし、ねずみの通り道がわからない場合は何枚も購入していろいろな場所に設置しておくこともできます。

 

〇粘着シートのデメリットって?

ねずみ駆除に粘着シートを使用することには、以下のようなデメリットもあります。

 

・知能の高い種類のねずみには効かないことがある

知能の高いねずみは警戒心も強いため、粘着シートの存在に気がつかれると、迂回して歩かれてしまう可能性があります。粘着シートを設置する際は、ねずみに「怪しい道ではない」と思わせるような工夫が必要となります。

 

・ペットや人間が粘着シートを踏んでしまうことがある

家の中に粘着シートを設置したことを忘れて、いつもどおり歩いていると、うっかり踏んでしまうことがあります。粘着シートは強力な粘着素材でできていますから、一度踏んでしまったらはがすのも大変です。

 

またペットを飼育している場合、誤ってペットが捕獲されてしまうことは十分に考えられます。ペットが入れないような場所に設置するなど、工夫が必要となります。

 

▼粘着シートの基本的な使い方を知っておこう

ねずみ駆除用の粘着シートの使い方はとても簡単です。また、少し工夫をくわえることで捕獲率をグンと上げることができるでしょう。ここでは基本的な使用方法と、設置の際のポイントをご紹介します。

 

<1>新聞紙などの上に粘着シートを敷き詰める

ねずみは下水道などを歩いていることもあり、足に汚れがついている場合が多いです。汚れがついた足で粘着シートを踏まれても、粘着力が弱まってしまい、うまく捕獲できないおそれがあります。

 

そこで、粘着シートは広げた新聞紙などの上に設置するようにするとよいでしょう。粘着シートを踏む前にねずみがその新聞紙を踏むことで、足の汚れをある程度除去することができるのです。

 

ねずみの足から汚れを取り除いておくと、粘着シートの粘着力が弱まりにくくなり、捕獲率を高めることができます。

 

<2>設置の仕方に工夫をこらす

ねずみは屋根裏や床下など、暗くて狭い道が大好きです。粘着シートをただ敷くよりも、少し折って立体的にしてみたり、トンネル状にしてみたりすると、より高い捕獲効果が望めるでしょう。創意工夫をこらして設置するのがポイントとなります。

 

<3>おびきよせるための餌などを置く

ねずみは警戒心が強いので、何もない道をわざわざ通ることはなかなかありません。餌などを粘着シートの上に設置して、おびきよせるようにしましょう。

 

ただし、不自然なほどたくさんの餌をおいたりすると逆にねずみの警戒心をあおることもあります。ゴキブリなど害虫の発生要因にもなりえるので、加減に気をつけてください。

 

▼ネズミ駆除に粘着シートを効果的に使うには?

ネズミ駆除に燻煙剤は効果があるの?

 

ねずみ駆除用の粘着シートは、複数枚敷きつめて設置することで効果が上がります。かしこいねずみは粘着シートと粘着シートの隙間をぬうように歩くこともあるからです。粘着シートは隙間を埋めるように設置しましょう。

 

また、湿度の高いところに長時間粘着シートを設置しておくと、粘着力が薄れてしまうことがあります。湿度や温度には注意を払い、粘着力が低下してきた場合はすぐに新しいものに取り替えるようにしてください。

 

そのほかにも、ずっと同じ場所に設置をしていると、ねずみが粘着シートの存在を学習してしまい、避けられてしまうことが考えられます。定期的に場所や設置の仕方を変えてみるのも効果的です。

 

▼まとめ

今回はねずみ駆除用の粘着シートについて、以下のようなことをご紹介してきました。

  • ・粘着シートは簡単に設置ができて直接触れずにねずみ駆除できるのでおすすめ!
  • ・粘着シートは1枚数百円程度なので、気軽に購入できる
  • ・粘着シートにはメリットがいっぱい!でもデメリットもあるので注意する
  • ・敷き方の工夫や湿度管理などをすると粘着シートはより効果的に使うことができる

 

粘着シートさえあれば、自分でもねずみ駆除ができそうですよね。しかし、「やっぱりねずみを見たくない!」「粘着シートで捕獲した後、たたんでゴミ箱に捨てるのも怖い…」という方も多いかと思います。

 

そういった場合は、ねずみ駆除のプロに頼ることもご検討ください。プロにお願いすることで、もうねずみによるストレスに悩まされることもありません。再発防止のための対策をお願いすることもできます。

 

いずれにしても、ねずみは有害な菌を持っていることも多いので、早めに対策をするようにしてくださいね。

 

バックナンバー

このページのトップに戻る