ネズミ駆除業者でお悩みなら、ねずみ駆除なびへお任せください!

ねずみ駆除なび登録会社の作業実績は年間合計1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7884

スタッフ待機中

24時間365日、ねずみ駆除のご相談を受付中!

フリーダイヤル 0800-805-7884

ねずみ駆除業者を無料でご紹介 今すぐご紹介申し込み

2017-5-2

ネズミ駆除料金ってどれくらい必要?費用相場を知って効果的な駆除を

家にいるねずみの駆除は業者にお任せ!

 

「家の中にネズミが出た!」そうなってしまっては大変です。ネズミが繁殖すると家の中で排泄するし、壁に穴開けちゃうし、駆除しようにもうまく逃げられるし…と、ネズミの被害に悩んでいる人もいるかと思います。

 

そういった場合はなんとかネズミ駆除策を練るのもアリですが、業者に依頼をすれば一発で解決します。

 

しかし、「確かにネズミ駆除の業者さんに任せればネズミ駆除できるけど、高そう…」と不安になる人もいることでしょう。そのための今回の記事です!今回はネズミ業者に依頼をする場合の、費用相場についてご紹介させていただきます。

 

これを読めば、ネズミ駆除料金の相場から、駆除内容、それ以外にも支払い方法や、よい業者の見つけかたまでわかります。ネズミ駆除を業者に依頼する前に予習していきましょう。

 

 

ネズミ駆除料金ってどれくらいかかるもの?

まず、一番大事なネズミ駆除料金です。ネズミ駆除の相場は約10万円~25万円で考えるとよいといわれています。

 

しかし、相場はあくまでも基準となる目安です。さまざまな状況で費用は変動していきます。そこでここでは、どういった条件でネズミ駆除の費用が変わっていくかご紹介します。

 

あなたの住まいは一戸建て?マンション?居住環境で駆除費用も変わる

まずは建物の環境からです。一戸建てとマンションでは、もちろん土地面積も構造も違います。一戸建てのほうが広くて、部屋数も多いのがほとんどです。そのぶん、ネズミ駆除料金もあがっていきます。

 

またマンション全棟と一戸建てのネズミ駆除を比べると、マンション全棟のほうが、一戸建てより費用がかかる傾向にあります。もちろん建物の大きさや部屋数、構造によって費用は変化しますので、あくまでも目安であるとお考えください。

 

被害が大きいか小さいかも、ネズミ駆除費用に影響

まずは駆除する場所の広さや構造について紹介しました。次はネズミ被害の規模です。このネズミからの被害量が多ければ多いほど、駆除やネズミの侵入防止の作業に手間と時間がかかるぶん、ネズミ駆除料金もあがります。

 

被害の大小は、各々の環境によって異なります。そのため、相場とされる金額も提示しづらいのが現状です。ここでは「ネズミからの被害の大きさによっても、駆除作業の費用が変化することもあるのだな…」と覚えておくとよいでしょう。

 

ネズミ駆除業者がしてくれる駆除とは……

ネズミ駆除業者がおこなう駆除作業は、以下のとおりです。

 

●ネズミが住みづらい環境づくり

ネズミを駆除するのも大ごとですが、駆除された後、ネズミ被害が再発しないように住みづらい環境にする必要があります。ネズミを住みづらくさせるために、駆除業者は以下のようなことをおこないます。

 

  • ・餌となる食品を排除したり、容器のなかなどに密閉したりして保管する
  • ・ネズミの通り道となる部分の排気口や通気口などを防ぎ、侵入できないようにする
  • ・ネズミに巣を作らせないように、ネズミの巣の材料となる紙や布を撤去する
  • ・ネズミの巣が作られやすい物置や屋根裏、床下などをキレイにする

 

ネズミにとって餌がなく、キレイな場所は住みつきにくい場所となります。ネズミ自身警戒心が高いので、住みづらいとわからせることが、再発を防ぐための第一歩になります。

 

●粘着シートで捕獲・駆除

一般的にネズミを捕獲し駆除する際に使うものに、粘着シートがあります。粘着シートはさまざまな種類があるのですが、比較的安価に購入できます。また設置方法もシートを敷くだけですので簡単です。

 

しかし、ネズミの通り道の分析や、置き方の工夫といったノウハウがないと、うまく機能しません。粘着シートを使っての捕獲・駆除は、プロならではの経験と勘の力が成せる技といえるでしょう。

 

●ねずみ捕り器の使用

アニメで見るようなチーズが置いてあるイメージのねずみ捕り器ですが、粘着テープと同じく、ネズミの行動分析や設置方法を工夫することで捕えることが可能になります。

 

粘着テープもねずみ捕り器も、素人の人が使うとネズミが警戒してトラップに引っかからないケースは多いです。同じ器具でも知識と技術があれば、その結果は圧倒的に違います。これらの成果を出すのは、プロの技術の「賜物(たまもの)」といえるでしょう。

 

●毒餌の使用

餌のなかにネズミの毒となるものを混ぜて、毒餌をネズミに食べさせて駆除する方法です。とても有効で効率のよい方法なのですが、天井裏でネズミが死亡し腐敗して二次被害が起きる可能性があります。毒餌のうかつな使用はご法度といえるでしょう。

 

毒餌といっても、自分で設置する際は、どのような毒を使用すれば良いのか分からなかったり、毒の致死量が分からず、駆除ができなかったりする場合もあります。そのときの判断も、プロの経験や勘が重要になってくるのです。

 

ネズミ駆除料金の支払い方法って?

ねずみのフンを発見!対処法や注意事項

 

ネズミ駆除を業者に委託して駆除してもらった際、ネズミ駆除料金の支払いはどのようになるのでしょうか。ここからは、ネズミ駆除業者への支払い方法や、支払う際の注意事項をご紹介していきます。

 

見積りは無料のことが多い

ネズミ駆除業者に依頼をすると、最初にネズミの被害や状況などを確認しに来ます。その後、家の被害状況や建物の面積や構造、ネズミの種類などを考慮して見積もりを作成します。

 

この「現地調査」と「見積り作成」は無料でおこなってくれる場合が多いです。遠慮せず、まずは見積りをお願いしましょう。

 

基本的には現金で支払う

ネズミ駆除業者への支払いは、現金が多いです。また、払うタイミングは駆除作業を終えてからの「後払い」が一般的です。業者によっては、前金として見積もり費用の半分の額を請求してくる業者もいます。ほかにも前払いで依頼を受ける業者もいます。

 

どの業者も見積もりの時点で支払い方法を説明するはずですので、説明がなかった場合は業者に支払い方法を聞いてみるとよいでしょう。いくつかのパターンがあるとはいえ、一般的には後払いが主流です。

 

追加料金の設定が業者によって大きくちがう

下見してネズミ駆除作業を開始しても、予想外のトラブルや問題が起きてしまうことがあります。

 

すぐに対応できるトラブルなら大丈夫ですが、作業内容や作業時間が変更になるくらいの問題が起きてしまったら、ネズミ駆除料金の追加料金が発生する可能性が出てきます。

 

この追加料金に関しては、業者によって価格設定がさまざまです。そのため、見積もりでしっかり話をしたのに、追加料金がとても高くトラブルに発展してしまう場合もあります。そんな事態を避けるためには、作業依頼をする業者の見極めが一番重要です。

 

4信頼できるネズミ駆除業者を選ぶコツ

ねずみ駆除。自分でもできる簡単な方法をご紹介

 

「ネズミ駆除料金の見積もりは安かったのに、高額な追加料金を請求してきて結果的に高額だった…」という手法をする悪徳な業者も、残念ながらネズミ駆除の業者のなかにはいるようです。

 

せっかくお金を払って駆除を依頼するなら、丁寧に作業をしてくれる優良な業者に依頼したいものですよね。では、そういった優良な業者にはどういった特徴があるのでしょうか。優良な業者を見極めるためのポイントは、下記のとおりです。

 

  • ・きちんと見積りを出してくれる業者
  • ・追加料金が最初から発生しないと説明する業者
  • ・見積りの説明のとき、内訳の料金説明が分かりやすい業者

 

いくつかの業者に見積りを依頼することを「相見積り」といいます。悪徳な業者は相見積りを嫌います。反面、優良な業者は相見積りにも快く対応してくれます。上記のポイントのなかでは、相見積りを取ることが一番素早く、かつ確実に優良業者を選ぶ方法です。

 

まとめ

ネズミは繁殖能力がとても高く、自力で駆除するのも困難です。そのため、ネズミ駆除を業者に依頼することは確実な方法といえるでしょう。

 

またネズミ駆除料金は家の大きさや構造、マンションか一戸建てかどうか。それ以外にもネズミの被害状況でも変動してきます。家の被害が大きくなってから駆除業者に依頼すると、その分依頼費用も高くなります。

 

業者に依頼するのは高いからといって、後回しにしていると大変なことになるかもしれません。「結果、駆除業者への依頼費用が高くなってしまった…」とならないように、早めにネズミ駆除業者へ連絡することをオススメします。

 

バックナンバー

このページのトップに戻る